お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

2018年 新春

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    あけましておめでとうございます。

    今年は戌年です。

    景気が上昇しますように。

    そして平和でありますように。

     

    年賀ポスター

     

    仔柴犬

     

    柴犬

     

     

     

     

     


    昭和の風景

    0

      JUGEMテーマ:防災

       

      平成29年も、間もなく終わろうとしています。

      そして平成がもうすぐ終わる事も発表されました。

       

      不思議な事に平成が終わると分かると、なおいっそう昭和が懐かしく思えます。

      昭和が「良い時代だった」とは思っていません。

      何と言っても戦争があったし、無差別テロだの人質事件だの、凶暴な事件も数多くありました。

       

      いろいろあったけど私の記憶にある昭和は、みんなが同じ方向を向いていた気がするのです。

      「科学技術は進歩し、生活は豊かになり、未来は明るい!」と信じていた。

      そこが懐かしく思える所以かも知れません。

       

      激動の昭和に比べると、平成は平穏で良い時代だと思います。

      けれども「未来は明るい」という確信が持てなくなって、どちらを向けば良いのか迷う事も多い。

      みんなが同じ方向を向いたのは、大震災の直後だけ?

       

      来年はどんな年になるのか?

      これからどんな時代がくるのか?

       

      古いフィルムアルバムから、懐かしい昭和の風景を見つけ出してスキャンしてみました。

       

      y70j001.jpg

      1970年 神戸祭の『花電車』

       

      y70j002.jpg

      『花電車』は夜が美しかった!

       

      y70j003.jpg

      1970年 神戸祭 震災で倒壊した旧神戸市役所庁舎前

       

      y75j002.jpg

      1975年 神戸港 港の売店では紙テープを売っていた。

       

      y75j001.jpg

      1975年 神戸市の風景 ポートアイランドは埋め立ての途中

       

      y78j001.jpg

      1978年 和倉駅 貨物列車はいつの間にかコンテナに変わってしまった。

       

      y78j002.jpg

      1978年 輪島駅 けっこう大きな駅だったが、今は無くなって『道の駅』になった。

       

      y79j001.jpg

      1979年 京都駅 当時は未来的なスタイルに見えた特急『雷鳥』

       

      y80j001.jpg

      1980年 いつの間にかなくなった 京都『レストラン伊達』どこが昭和って?

      個人的に学生時代の思い出の場所「ここのコーヒーとピラフは美味かった!」

       


      2017神戸ルミナリエ

      0

        JUGEMテーマ:防災

         

        今年の神戸ルミナリエは、100%LED球が使用されていました。

        明るくて色鮮やかで『インスタ映え』します。

        しかし、光に温かみが感じられないのも事実。

        私はイタリア製白熱球の光が好きでした。

         

        今年のルミナリエは、確かに写真写りが良い!

        これも時代ですかね?

         

        2017年のルミナリエの様子です。

        https://youtu.be/ihflXC-HKOU

         

        2017ルミナリエ04.jpg

        2017年

         

        2017ルミナリエ01.jpg

        2017年

         

        2017ルミナリエ02.jpg

        2017年

         

        2017ルミナリエ06.jpg

        2017年

         

        2009ルミナリエ03.jpg

        2009年 白熱球

         

        2009ルミナリエ02.jpg

        2009年 白熱球

         

        2009ルミナリエ01.jpg

        2009年白熱球

         


        秋は短し

        0

          JUGEMテーマ:防災

           

          秋は短い。

           

          「やっと涼しくなった!」と思っていたら仮装だのカボチャだのと騒がしくなって、雨が降って台風が来て、いつの間にか街はクリスマスモード。

          気がつくと秋は過ぎ去って、日暮は日に日に早くなって行く。

           

          だいたい毎年こんな感じで年末を迎えるが、今年の紅葉はけっこう鮮やかだった気がする。

          大阪の秋の夕暮れ風景は動画にて

           

          https://youtu.be/rtEMgJf11YA

           

          2017紅葉01

           

           

          2017紅葉02

           

           

          2017紅葉04

           

           

           

          2017梅田スカイビル02

           

           

           

           

           

           


          平城宮跡

          0

            JUGEMテーマ:防災

             

            平城宮跡(奈良市)へ行って来ました。

            ここは今も発掘作業が続く広大な平原です。

            奈良時代の都の様子を妄想しながら平城宮跡を歩き回るのは、何とも不思議な体験でした。

             

            主な遷都の歴史

            藤原京 694〜710年

            平城京 710〜740年

            恭仁京、紫香楽宮、難波宮 740〜745年

            平城京 745〜784年(第二次)

            長岡京 784〜794年

            平安京 794〜1868年

             

            時の権力者による政治的な理由からなのか?

            都市機能が継続出来なくなる何らかの致命的問題があったのか?

            奈良時代には、巨大な都を短期間で次々と移転していました。

             

            新天地にこれほどの大都市を築くのは、巨大プロジェクトと言える公共投資であったはず。

            短期間で繰り返される遷都は、結果的には経済を発展させ、土木・建築技術をより高度に進歩させ、古代日本国家の国力を増大させたに違いありません。

            奈良時代の天皇は都市開発に熱心で、蓄財には執着がなかったように思えます。

             

            遷都が平安京に落ち着いてようやく、ハコモノ行政による浪費に限界が訪れた..と言うことか?

            古代都市『平安京』の美しく整備された街並みは、唯一今もなお京都市に受け継がれている。

             

            古代日本への妄想は尽きない。

             

             

            2017平城01.jpg

             第一次大極殿

             1300年前の古代都市に、これほど巨大で威圧的な建築物が存在したのか!

             

            2017平城02.jpg

             この大平原に平城京は存在した。

             

            2017平城03.jpg

             朱雀門から近鉄電車越しに大極殿が見える。

             

            2017平城04.jpg

             第一次大極殿の廊下から平城京跡を望む。

             

            2017平城05.jpg

             出土した土器に描かれた『顔』

             見る者の笑いを誘っているように思える。

             

            2017平城06.jpg

             出土した娯楽用品

             色々と楽しんでいた様子がうかがえる。

             

            2017平城07.jpg

             鬼瓦も何処かユーモラスに見える。

             

            2017平城08.jpg

             奈良時代の役人が使っていたベルト

             ウチにも似たようなベルトがある!

             

            2017平城09.jpg

             皮製の穴あきベルト

             

            2017平城10.jpg

             

             


            移動式

            0

              JUGEMテーマ:防災

               

              クルマの出し入れに邪魔だから「コレちょっと移動させてもらえませんか?」

              そんな問い合わせは一度や二度ではない。

              簡単に移動できる構造でない事は見れば分かるはずなのだが、なんせ『移動式粉末消火設備』と書いてある。

               

              自動消火方式の『固定式粉末消火設備』に対して、人がノズルを持ってホースを伸ばしながら火元付近まで『移動』して消火するのが『移動式粉末消火設備』

              駐車場利用者にそんな混み入った理屈が理解できるとは思えない。

               

              一般的に理解しにくい名称は改めた方が良いと思う。

              案 悒僖奪院璽厳進緩消火設備』....ちょっと長いかな?

              案◆惻蠧絢以緩消火設備』....これなら一字訂正で済む。

               

               

              移動式粉末消火設備

              取替前

               

              移動式粉末消火設備

              取替後

               

              移動式粉末消火設備

              取替前

               

              移動式粉末消火設備

              取替後

               

              移動式粉末消火設備

               

               

               


              赤川鉄橋の思い出

              0

                JUGEMテーマ:防災

                大阪の淀川に架かる『赤川鉄橋』は、貨物列車と人が並行して渡る事が出来る貴重な橋でした。

                歩道の手すりはイイ感じの木製で、手を伸ばせば届きそうな所を貨物列車が通過して行きました。

                鉄橋は今でもありますが、線路の複線化に伴って2013年10月、歩道は無くなってしまいました。

                 

                貨物列車通過の様子は動画にて

                https://youtu.be/GHDeIzjqTA4

                 

                 

                赤川鉄橋

                 

                赤川鉄橋

                 

                赤川鉄橋

                 

                赤川鉄橋

                 

                赤川鉄橋

                 


                プリウスというクルマ

                0

                  JUGEMテーマ:防災

                   

                  「21世紀に間に合いました!」

                  アトムのCMと共に、初代プリウス(10型)が登場したのは1997年。

                  今年で20年になります。

                   

                  私は20型プリウスに6年、その後30型プリウスに7年乗って、走行距離は2台合わせて40万舛鯆兇┐討い泙后

                  乗り続けている第一の理由は「燃費が良い」から

                  そして、もう一つの理由は「プリウスは面白い」から

                   

                  プリウスというクルマには、高級感はない。加速やハンドリングが良い訳でもない。

                  巷で言われるほど静かなクルマでもない(静かなのはエンジンが止まっている時だけ)

                  では何が面白いのか?

                   

                  『プリウスはいつも何かを考えている』

                  モーターで走る。エンジンで走る。モーターとエンジンの両方で走る。走りながら発電する。減速しながら発電する。惰性を利用して走る。等々

                  停車している時も、動き始めた時の事を考えている。

                  駐車場に停めてロックを掛けてからでさえも、ジージー、ギリギリと不思議な音を立てて次に走り出す為の準備をしている。

                   

                  『いかにしてガソリンを節約するか?』プリウスはいつもそれを考えている。

                  長年乗っていると考えている事が分かるから、面白い!

                   

                   

                   

                  10型プリウスカタログ

                  初代10型プリウス(トヨタカタログより)

                  世界初のハイブリッド車。世界の自動車史を語る上では絶対に外せない存在。

                   

                  20型プリウス

                  6年間乗った20型プリウス

                  10型とは違って、フツーに走るフツーのクルマになったが、

                  高速を走るとエンジンがうるさくて、燃費も伸びなかった。

                   

                  20型プリウス仕事

                  文句も言わずに良く働いてくれた20型プリウス。....いや、たぶん言ってたんだろうな!

                   

                  20型プリウス距離計

                  20型プリウスの距離計。手放した時には20万繕瓩走っていた。

                   

                  30型プリウス

                  今乗っている30型プリウス。

                   

                  30型プリウスハイブリッドバッテリー

                  30型プリウスのハイブリッドバッテリー。取替費は工賃込みで約16万円。

                  取替の様子は、2016/10/31 投稿 『バッテリー受難』参照

                   

                  プリウス30型ODO

                  30型プリウスは、間もなく走行距離24万繊

                  文句も言わずに良く走る。....いや、たぶん言ってるんだろうな!....どこかで〜

                   

                   


                  京都川床

                  0

                    JUGEMテーマ:防災

                     

                    京都市には海がない。

                    その代わりに鴨川がある。

                     

                    夏には川風を楽しむように、川原にオープンテラスが現れる。

                    日が暮れると床には集魚灯のような赤い火が灯り、人が集まる。

                    今や『川床』は京都の夏の風物詩。
                     

                    『川床』の夜景を動画にしました。

                    https://youtu.be/YC2iBxloq48

                     

                    10月になって『川床』がすっかりたたまれると、土手の木々が少しづつ色づき始めて、季節がひとつ進みます。

                     

                    京都鴨川川床

                     

                     

                    京都鴨川川床

                     

                    京都鴨川川床

                     

                     

                     

                     


                    夏風景(セミと入道雲と夕暮れ)

                    0

                      JUGEMテーマ:防災

                       

                      今年の夏は、ちょっといつもの年とは違っていました。

                      関東地方は暑い日が少なくて、雨ばかり。

                      関西地方は、8月は猛暑だったけど、9月に入って急に秋めいて来ました。

                       

                      この夏のセミの鳴き声と、秋へ移ろう風景を動画にまとめてみました。

                      https://youtu.be/j-fkm-FCiV0

                       

                      アブラゼミ

                       

                      大阪梅田入道雲

                       

                      大阪梅田入道雲

                       

                      大阪梅田夜景

                       

                       

                       



                      ●カレンダー

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      ●スマートフォン版はこちら

                      ●最近の記事

                      ●カテゴリー

                      ●過去の記事

                      ●お気に入り

                      ●プロフィール

                      書いた記事数:125 最後に更新した日:2019/09/08

                      ●サイト内検索

                      ●モバイル

                      qrcode

                      ●powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      ●管理