お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

資格列伝

0
    JUGEMテーマ:防災


    消防設備士とひとまとめにされるけど、全部で8種類ある。
    それ以外にも必要な資格はいろいろとある。
    写真には無い資格も含めて、なんだかんだで14種類。
    もうこれで充分かと思うけど、まだまだ必要な資格はある。

    来年からまた新しい資格が出来るらしい。
    『防火設備検査員』だそうな
    また増えるのか!

     ♪ ちゃんとした仕事は、資格ぞな〜
       しとしとぴっちゃん ・ しとぴっちゃん ♪

    この原曲が分かるあなたは、同年代かも?


    資格証

          sikaku
           sikaku 











     


    油火災 B-3 消火実験

    0
      JUGEMテーマ:防災

      久々の仕事ネタです。
      ハツタ製作所さんで、粉末消火器の消火実験を体験させてもらいました。

      ABC粉末10型消火器の消火能力単位は、A-3 B-7 今回実験した油火災 B-3 単位は、理屈では余裕で消せるはずでした。
      しかしB-3の炎は想像以上に大きかった!
      数字の上では圧倒的な消火能力を有する粉末消火器ですが、その高い能力を発揮させるのは並大抵の事ではない。
      これは粉末消火薬剤に冷却能力がない事が、一番の原因ではないかと思いました。

      今回の B-3 火災に一番適しているのは、機械泡消火器だろうと思います。しかしこれはオールマイティーに使える消火器ではない。
      最近注目されているのは強化液消火器ですが、B-3火災を消すには最低でも6リットル型(総重量10kg程度)が必要になる。

      無いモノねだりなのだろうけど…
      消火能力を粉末消火器なみにパワーアップした『ハイパー強化液消火器』
      もしくは、冷却効果を有する『ハイブリット粉末消火器』
      そんなモノは出来ないものか?

      機会があれば、粉末、水系、ガス系など、違ったタイプの消火器で「異種格闘技」みたいな消火実験をやってみたいものです。

      詳しくは動画にて 

       https://youtu.be/czxJK8wEb7k

      カルミエ実験

      B3油火災モデル

      泡消火設備放射

      アナログ式

      0
        JUGEMテーマ:防災

        『アナログ』という言葉には、「旧式」とか「時代遅れ」などのイメージがつきまとう。
        アナログ放送もとっくに終了してしまった。

        ところが、自動火災報知設備に関しては『アナログ式』と呼ばれるものは、比較的新しくて、高機能なシステムを指す事が多い。
        タッチパネル式のメニュー操作になっていたり、感知器からのアドレス信号を受信したり、アナログ式受信機は何かとアナログ人間には扱いにくい。

        なんで素直に『デジタル式』と呼ばないのだろうか?


        アナログ受信機


        アナログ職人

         

        大阪市消防局 此花消防署

        0
          JUGEMテーマ:防災

          「消防署の方から来ました。」と言う挨拶は使った事がないけど、ABC防災は、此花消防署の斜め前にあります。

          その此花消防署は現在建て替え工事の真っ最中で、入口がものすごく分かりにくくなってます。

          申請とかでお越しの際は迷う事のないよう、一応お知らせしておきます。

          「知りまへんでは、あきまへん」


          旧此花消防署
          建て替え工事前


          此花消防工事01
          建て替え工事中


          此花消防工事02
          建て替え工事中


          会社と消防車
          消防車の移動の際には、こんな風景になります。






           

          昭和の消防設備

          0
            JUGEMテーマ:防災

            「昔のモノは良かった!」
            などと言うつもりはない。
            人命を守る設備は、最新の方が高性能で安心感がある。

            時として20世紀の昭和の頃に作られた設備には、それを作った人、あるいは設計した人達の気合いと言うか情熱と言うか、何か熱いモノを感じる事がある。

            たぶん懐古趣味から来る、思い込みに過ぎないとは思うのだが…



            旧火災受信機  
            火災受信機
            ロータリースイッチは操作が分かりやすい


            旧防排煙盤
            防排煙連動制御盤
            防火扉などを起動するボタンは、警戒ごとに個別に割り当てられている

                                  
            SPゴング  
            スプリンクラー ウォーターゴング
            水流によって音がでる警報機は、電源が不要である


            旧消火栓箱  
            屋内消火栓箱 
            木製の手作り箱にホースやノズルが入っている
                       

            旧泡消火器 
            泡消火器
            この時代の泡消火器は、町工場で職人が作っていたらしい


            旧蓄圧消火器
            蓄圧式消火器
            プレスト消火器は、ハーレーダビッドソンに装備されていたものだとか‥(詳細は不明)


             

            ブログスタート

            0
              JUGEMテーマ:防災
              初めまして
              本日よりブログをスタートします。
              なにとぞ宜しくお願いします。

              さて、いつまで続くかな?



              ブログ開始02



              ブログ開始01






               


              ●カレンダー

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << July 2020 >>

              ●スマートフォン版はこちら

              ●最近の記事

              ●カテゴリー

              ●過去の記事

              ●お気に入り

              ●プロフィール

              書いた記事数:147 最後に更新した日:2020/06/27

              ●サイト内検索

              ●モバイル

              qrcode

              ●powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM

              ●管理