お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

桜と清盛の夢跡

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    お花見を兼ねて、平清盛が残した夢跡を巡って来ました。

     

     

    2018デザイン03.jpg

    神戸市内には、平清盛に由来のある場所がいくつかあります。

     

     

    2018デザイン04.jpg

    日宋貿易の拠点として清盛が整備した港『大輪田泊(おおわだのとまり)』と

    清盛邸があったとされている『雪見の御所』

     

     

    2018デザイン01.jpg

    雪見の御所は、今も町名『ゆきのごしょ』として残っています。

     

     

    2018デザイン02.jpg

    清盛はこの地に孫の『安徳天皇』を住まわせ、『福原京』として平安京から都を移そうと考えました。

     

     

    2018雪御所001.jpg

    雪御所町を流れる、旧湊川の源流

    現在では護岸整備によって治まっていますが、過去には暴れ川として度々大水害を引き起こしてきました。

    豪雨がもたらす河川の氾濫が『福原京』遷都を挫折させた原因の一つだとも言われています。

     

     

    2018清盛003.jpg

    旧湊川が海に流れ込む河口付近の三角州が現在の『和田岬』

    『大輪田泊』はこの辺りにあった、とされています。

    防波を兼ねた停泊港として『経ヶ島』と呼ばれる巨大な人工島があった事も記録されています。

     

     

    2018清盛001.jpg

    『雪御所町』に隣接する『平野町』も平家に由来する地名だと言われています。

    平家の屋敷があったのは、ここから更に北に位置する山のふもとの斜面であったと考えられています。

     

     

    2018清盛811.jpg

    平野町交差点から少し北(徒歩5分程度)にある『湊山温泉』

    源泉は平安時代からあり「平清盛も愛用していた」との言い伝えもありますが、真偽のほどは定かでありません。

     

     

    2018清盛813.jpg

    湊山温泉から更に北に歩くと、祇園神社があります。

    境内からは神戸の街並みが見渡せます。

     

     

    2018清盛812.jpg

    平家の屋敷の多くは、祇園神社辺りにあったらしい。

    なんでこんな山のふもとに好き好んで居を構えていたのか?

    神戸を知る者ならすぐに推測がつきます。

    理由は、海が見えるから....

    高層建造物がなかった時代なら、晴れた日には淡路島の向こうの水平線に四国や紀伊半島の山々が見えていたに違いありません。

    日宋貿易で栄え行く『大輪田泊』の様子も、高台からは良く観察できた事だろうと思います。

     

     

    平清盛は神戸『福原京』の地を、とても気に入っていたようです。

    神戸では暴れる「湊川」に悩まされたようですが、京都では「白い河」や「その後の白い河」に翻弄されて『平安京』での権力闘争にほとほと愛想が尽きていたのではないかと想像します。

    『福原京』の高台から好きな海を眺めては、自分が作った港の様子を観察しながら可愛い孫の成長を見守っていたかった。

    好きで『天下人』になった訳ではない。世が世なら、清盛は人のいいオヤジだったのではないかと思うのです。

     

     

    2018清盛006.jpg

    平野町界隈の平家一族の屋敷群は清盛の死後、源勢によって打ち壊され焼き払われてしまいます。

    清盛が病死し平家が滅亡した後、6歳の『安徳天皇』は、祖母(清盛の妻)と共に瀬戸内の海に身を投げます。

    散り始めた桜が連れて来るのは、儚い妄想ばかりでした。

     

     

    2018デザインS002.jpg

    叶うなら清盛さんに問うてみたい。

    何故にあなた方は、戦いに明け暮れる日々を過ごさねばならなかったのか?

     


    スカイバス神戸

    0

      JUGEMテーマ:防災

       

      スカイバス神戸は、神戸市内を遊覧する2階建て屋根なしの観光バスです。

      冬は寒く夏は暑く、風と戦いながらの観光は、スピード感がハンパじゃないです。

      たとえ乗客が一人でも運行するそうで、少々の雨はカッパ着用で走るとか....

      優雅な観光と言うよりは体育会系のノリで、アトラクション感覚を楽しむバスです。

       

      ドライブの様子は動画にて

      https://youtu.be/uY-0oa-furY

       

       

       

       

       

       

       


      箱木家住宅

      0

        JUGEMテーマ:防災

         

        神戸市北区にある箱木家住宅は、民家としては日本最古の建築物だそうです。

        地元では『千年家』と呼ばれていますが、柱の放射性炭素年代測定によって西暦1300年頃に伐採された材木が使われている事が判明しました。

        1977年まで度々の改築を重ねては箱木家の住宅として使用されていましたが、ダム建設工事によって湖に沈む運命となったところを解体移築されて建築当時の姿に復元され、現在は資料館として展示保存されています。

         

        歴史的遺産として現存する城や寺社仏閣を見学して、昔の職人の超絶技巧や美術的細工に感心させられる事は良くあります。

        一方、箱木家住宅は鎌倉時代のこの地方では大きく立派な民家であったようですが、権威や富を誇示するような威厳性は全く感じられず、あくまでも実用本位の住宅で、使われている建材は、木、竹、土、茅、藁、と言ったこの近辺で調達出来る素材ばかりです。

         

        箱木家住宅に見る事が出来るのは、昔から住宅に求められて来た原始的な姿。

        風雨を凌ぎ日射を避け、夏には涼を求め、冬には暖を取るための居場所。

        厳しい自然環境から身を守るための、つまりは『防災』機能。

         

        木や草や土を集めて来ては、人が家を造るようになった頃から『防災』の歴史は始まったのだろうと思います。

         

        hako001.jpg

        装飾的な造形物は何もないが、家の佇まいとしては圧倒されるような存在感である。

         

        hako002.jpg

        木、土、茅、など身近な自然素材を巧みに利用している。

         

        hako003.jpg

        藁を練りこんだ土壁は暖かそうにも見えるし、涼しそうにも見える。

         

        hako004.jpg

        茅葺屋根の裏側。雨は防ぐが、空気は流れる屋根、呼吸する家。

         

        hako005.jpg

        床板は、割った原木から削り出して作っている。板と言えども贅沢品だったようだ。

         

        hako006.jpg

        建築当初から使われている柱。煤がこびりついて化石のように見える。

         

        hako007.jpg

        土間に土で作ったカマド(復元)

         

        hako008.jpg

        天井付近に並べてあるのは、長槍。野盗の襲撃に備える自衛手段。

         

        hako009.jpg

        鎌倉時代にも桜はあったのだろうか? ソメイヨシノは無かっただろうな。

         


        街の中の野鳥

        0

          JUGEMテーマ:防災

           

          寒い季節になると、街中で野鳥をよく見かけるようになります。

           

          バードウォッチャーやカメラマンに愛想を振りまいては、要領よくモデル料の食べ物をゲットしています。

          しかしファインダー越しに鳥たちを観察していると、見られているのはこちらの側ではないかと思う事があります。

           

          彼らはお腹を空かせて仕方なく街中に来ているというよりは、興味津々で人間たちを観察しているように見えるのです。

          夏の山は楽しい事も多いけど、冬の山は寒くて退屈なのだろう。

          街に来て『マン・ウォッチング』を楽しんでいる様子です。

           

          街の中で見つけた野鳥たちの動画

          https://youtu.be/iuKvl7JSQHc

           

          2018bird003.jpg

          メジロ

           

          2018bird005.jpg

          メジロ

           

          2018bird010.jpg

          ヒヨドリ

           

          2018bird006.jpg

          ヒヨドリ

           

          2018bird007.jpg

          ジョウビタキ

           

          2018bird008.jpg

          ジョウビタキ

           

          2018bird011.jpg

          スズメ

           

          2018bird009.jpg

          マガモ

           

          2018bird002.jpg

          キジバト

           

          2018bird001.jpg

          ハクセキレイ

           

          ハクセキレイ

           

           


          タコ焼き と 明石焼き と 神戸タコ焼き

          0

            JUGEMテーマ:防災

             

            タコ焼きは関西粉モンの代表フードです。

            球状に焼いてコテコテのソースを塗ってカツオ節や青ノリをふりかける食べ方は、戦後の大阪が発祥だと言われています。

             

            明石焼きもタコが入った粉モンですが玉子をたっぷり使っていて、タコ焼きよりもフワトロ扁平球状のものを出汁に浸して食べます。

            こちらは江戸時代に明石で生まれた食べ物ですが、地元では「玉子焼き」と呼ばれていたようです。

            これがタコ焼きのルーツにあたると言う説もありますが、味わいはタコ焼きとは明らかに別物で上品です。

             

            昭和中期、私が育った神戸の下町の駄菓子屋では、焼き立てのタコ焼きにコテコテのソースを塗って、それを出汁に浸して食べてました。

            最近では『神戸タコ焼き』とか呼ばれていますが、小学生だった私は出汁にソースが溶け込んだこの味こそが、タコ焼きなのだと思い込んでいました。

            駄菓子屋さんの店先で、タコ焼きと一緒に注文したのが『アップル』と呼んでいた不思議な人工甘味飲料。

            リンゴ果汁は含まれておらず、リンゴ味でもない。

            なんでアップルなのかは不明だが、子供には嬉しいパンチの利いた甘さだった。

             

            どちらも今なお健在だと言うので、駄菓子屋さんに行ってみました。

            そこで巡り会えたのは、忘れもしない....昭和のあの味!

             

            いやいや、すっかり忘れていたけど思い出しました〜!

             

             

            2018タコ焼き05.jpg

            タコ焼き(大阪スタイル)

             

            2018タコ焼き01.jpg

            タコ焼き(大阪スタイル)

             

            2018タコ焼き02.jpg

            明石焼き(玉子焼き)

             

            2018タコ焼き03.jpg

            明石焼き(玉子焼き)

             

            駄菓子屋

            神戸の駄菓子屋さん

             

            2018タコ焼き04.jpg

            神戸タコ焼き?とアップル

             

            2018アップル01.jpg

            『アップル』が商品名なのかどうかは不明

             


            皆既月食

            0

              JUGEMテーマ:防災

               

               

              『スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン』とか言うらしい。

              青いんだか?赤いんだか?....ややこしい!

               

              「いよいよこれから赤く染まって一番の見どころ!」

              という時に、関西の月はすっぽり雲に覆われた。

              寒い中じっと耐えていたけど、一気に顔色が青ざめた。

               

              それでも撮れた写真を良く見ると、わずかに赤から青への変化が見られる。

              神秘的だ!

               

              moon03.jpg

               

              moon02.jpg

               

              moon01.jpg

               

               


              阪神淡路大震災 神戸の記憶

              0

                JUGEMテーマ:防災

                 

                平成7年、大阪の職場から神戸市内の自宅へ帰るのに3時間以上を要した時期がありました。

                芦屋辺りまでは鉄道で行けるのですが、更に西へは代行バスを待ってなんとか灘の辺りまで辿りついて、そこから先は徒歩で三ノ宮を通過します。

                ダメージを受けたJRの高架をくぐって北へ抜けるのにいつも苦労しました。復旧工事の関係で毎日のように通行可能なルートが変わるのです。

                 

                三ノ宮の中心部で何度か道に迷いました。懐中電灯で足元を照らしてさまよい歩きながら途方に暮れた時の事、ふと空を見上げるとプラネタリウムのような満天の星空が広がっていました。

                それは普段なら決して見る事のない光景。

                信号機の灯りさえも失った三ノ宮の街は、漆黒の闇の中に重傷患者の如く横たわっていたのです。

                急に身震いを覚えたのは、身を切るような寒さのせいだけではありませんでした。

                 

                『人が居なくなって廃墟となった都会の空にだって、きっとこんなロマンチックな星座や感動的な夕焼けが、来る日も来る日も現れるに違いない....』

                押さえ込んでいたはずの不安や恐怖が、その時一気に噴出して来ました。

                『神戸はもうアカンかも知れん!』

                 

                それから程なくして、およそ日本全国の他府県ナンバーを付けた復興工事用車両が神戸の街中を走り回るようになり、季節が進むにつれて三ノ宮の街も少しづつ灯りと喧騒を取り戻して行きました。

                 

                震災直後に撮影した街の風景は、どれも平時ではあり得ない光景ばかり。

                記録用に撮っておいたものの、見る事もなく仕舞い込んでありました。

                 

                 

                2018震災02-0014.jpg

                 

                2018震災02_0013.jpg

                 

                2018震災02_0011.jpg

                 

                2018震災02_0019.jpg

                 

                2018震災02_0022.jpg

                 

                 

                2018震災02_0021.jpg

                 

                2018震災02_0015.jpg

                 

                 

                2018震災02_0016.jpg


                2018 大阪市消防出初式

                0

                  JUGEMテーマ:防災

                   

                  出初式を見てきました。

                  土曜日のせいか、予想以上の盛況でした。

                  家族での来場が多くて制服姿の消防職員さんも、子供達へのサービスに懸命の様子でした。

                  なるほど『市民に愛される消防』なんですね!

                   

                  2018大阪出初式010.jpg

                   

                  2018大阪出初式003.jpg

                   

                  2018大阪出初式004.jpg

                   

                  2018大阪出初式002.jpg

                   

                  2018大阪出初式005.jpg

                   

                  2018大阪出初式006.jpg

                   

                  2018大阪出初式007.jpg

                   

                  2018大阪出初式008.jpg

                   

                   

                   


                  2018年 新春

                  0

                    JUGEMテーマ:防災

                     

                    あけましておめでとうございます。

                    今年は戌年です。

                    景気が上昇しますように。

                    そして平和でありますように。

                     

                    年賀ポスター

                     

                    仔柴犬

                     

                    柴犬

                     

                     

                     

                     

                     


                    昭和の風景

                    0

                      JUGEMテーマ:防災

                       

                      平成29年も、間もなく終わろうとしています。

                      そして平成がもうすぐ終わる事も発表されました。

                       

                      不思議な事に平成が終わると分かると、なおいっそう昭和が懐かしく思えます。

                      昭和が「良い時代だった」とは思っていません。

                      何と言っても戦争があったし、無差別テロだの人質事件だの、凶暴な事件も数多くありました。

                       

                      いろいろあったけど私の記憶にある昭和は、みんなが同じ方向を向いていた気がするのです。

                      「科学技術は進歩し、生活は豊かになり、未来は明るい!」と信じていた。

                      そこが懐かしく思える所以かも知れません。

                       

                      激動の昭和に比べると、平成は平穏で良い時代だと思います。

                      けれども「未来は明るい」という確信が持てなくなって、どちらを向けば良いのか迷う事も多い。

                      みんなが同じ方向を向いたのは、大震災の直後だけ?

                       

                      来年はどんな年になるのか?

                      これからどんな時代がくるのか?

                       

                      古いフィルムアルバムから、懐かしい昭和の風景を見つけ出してスキャンしてみました。

                       

                      y70j001.jpg

                      1970年 神戸祭の『花電車』

                       

                      y70j002.jpg

                      『花電車』は夜が美しかった!

                       

                      y70j003.jpg

                      1970年 神戸祭 震災で倒壊した旧神戸市役所庁舎前

                       

                      y75j002.jpg

                      1975年 神戸港 港の売店では紙テープを売っていた。

                       

                      y75j001.jpg

                      1975年 神戸市の風景 ポートアイランドは埋め立ての途中

                       

                      y78j001.jpg

                      1978年 和倉駅 貨物列車はいつの間にかコンテナに変わってしまった。

                       

                      y78j002.jpg

                      1978年 輪島駅 けっこう大きな駅だったが、今は無くなって『道の駅』になった。

                       

                      y79j001.jpg

                      1979年 京都駅 当時は未来的なスタイルに見えた特急『雷鳥』

                       

                      y80j001.jpg

                      1980年 いつの間にかなくなった 京都『レストラン伊達』どこが昭和って?

                      個人的に学生時代の思い出の場所「ここのコーヒーとピラフは美味かった!」

                       



                      ●カレンダー

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      ●スマートフォン版はこちら

                      ●最近の記事

                      ●カテゴリー

                      ●過去の記事

                      ●お気に入り

                      ●プロフィール

                      書いた記事数:123 最後に更新した日:2019/08/18

                      ●サイト内検索

                      ●モバイル

                      qrcode

                      ●powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      ●管理