お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

消防車 きぼう号

0
    JUGEMテーマ:防災

    チョロQのようなキュートな消防車が居た。
    肉まんの絵が描いてある。
    関西で有名な「551の蓬莱」が寄贈したものだ。
    小さいが本物のポンプ車のようで、大阪市消防局のエンブレムも付いている。


    551きぼう号01.jpg

    551きぼう号03.jpg

    551きぼう号02.jpg






     

    防火設備(防排煙設備)点検

    0
      JUGEMテーマ:防災


      今年から『防火設備検査員』という資格が新設され、防火シャッターや防火扉の定期点検が義務付けられる事となりました。長年作動させる事なく放置されてきた防火シャッターなども、これからは消火栓や火災報知器などの消防用設備と、ようやく同レベルで維持管理される事になります。
      とは言え、作動試験降下時の引っかかりや降下後の復旧巻き上げが出来ないなどの点検時トラブルが多発する事態も予想されます。
      点検時にリスクがあること、予想外にコストがかかることをご理解頂きたいと思います。

      当社は今まで、防火シャッター・防火扉・防火ダンパー、等の防排煙設備の作動試験は、警報設備など消防用設備と連動させて同時に実施して来ました。
      『消防設備士』と同様『防火設備検査員』も今回資格取得しましたが、従来と同じく消防用設備と並行しての作動点検を行いますので、防火シャッター、防火扉、等の防排煙設備(防火設備)のみの点検は予定しておりません。

      点検の様子は動画にて
      https://youtu.be/-0mhKRVuZ8U


      防火スクリーン
       

      究極のアナログ回路

      0
        JUGEMテーマ:防災

        どこの配管をどのように水が流れて、どこに圧力がかかって、どのセンサーが作動して....
        まるでパズルのようなアナログ回路
        点検時にバルブ操作を誤ると、悲惨な水損事故を引き起こす可能性もある。
        開放型の水系消火設備は、とにかく気を使う。



        2016開放SP01.jpg

        2016乾式SP01.jpg

         

        油断しとったらアカンねんで!

        0
          JUGEMテーマ:防災

          大阪市内の保育園で、放送用アンプの取替工事を行っていた時の事。
          満開を過ぎた園庭の桜は、風に吹かれてヒラヒラと散り始めていた。
          『もう今年は、桜を見る事はないのかも知れない』
          大阪に居てさえ、本気でそう思った事が何度かあった春だった。

          園児たちは好奇心の塊だから、工事場所の職員室内には近づかないようにするのが私の仕事だった。
          「これ何?」 「何やってんのん?」 「オッチャン誰?」
          職員室入口の縁側で、質問の集中攻撃を浴びながらも子供たちの相手をして、バリアの私は何とか持ち堪えていた。

          ひとりの年長組の男の子が真顔で訊いてきた。
          「オッチャン、チナミって知ってるか?」
          「チナミ?」
          「あのな、チナミが来たらな、おウチみんな流されて無くなってしまうねんで!」
          「ああ、津波やな、あれ恐いな!」

          家も車も船もあっけなく濁流に飲まれて海にさらわれて行く光景が、繰り返し繰り返しテレビに映し出されていた。
          安心させようと思って、私は笑顔で言った。
          「ボクらのトコには津波は来ぇへんかったから、良かったな!」
          男の子は、低い位置からじっと食い入るように、こちらを見つめてしばらく沈黙していた。

          「でもなオッチャン、油断しとったらアカンねんで!」
          想定外のツッコミだった。
          私は「すみません!」と反射的に頭を下げてしまった。

          あれから5度目の春が来た。
          今年ももうすぐ桜が見られそうだ。


          保育所02
           イメージ写真


          保育所01
           イメージ写真



           

          2016 初荷式

          0
            JUGEMテーマ:防災

            初荷式は、古き良き昭和の時代より連綿と続いてきた新年の儀式である。
            商売繁盛と景気の上昇を皆で祈願する。

            「時代錯誤」との意見もあるようだが、こういう習慣は続けて行きたいと思う。

            詳しくは動画にて


            https://youtu.be/M5SdsFs1mk8


             

            申・猿・さる

            0
              JUGEMテーマ:防災

              2016年も良い年になりますように!
              皆様よろしくお願いいたします。


              四天王寺さるぼぼ

              四天王寺庚申堂

              此花庚申堂

              年賀此花消防


               

              大阪市消防局 此花消防署 New Version

              0
                JUGEMテーマ:防災

                「消防署と畳は新しい方が良い」と申しますが...違ったかな?
                先週から新しくなった此花消防署は近代的なスッキリとしたデザインで、この界隈の風景も違って見えるようになりました。
                年季の入った『ABC防災』とのコントラストも、通りを挟んでイイ感じです。




                此花消防署新01
                消防署前景



                此花消防署新02
                消防署入口


                此花消防署新03
                消防署から見たABC防災


                此花消防署新04
                エンブレム


                此花消防署旧01
                建て替え以前の消防署(場所は変わらず)

                 

                資格列伝

                0
                  JUGEMテーマ:防災


                  消防設備士とひとまとめにされるけど、全部で8種類ある。
                  それ以外にも必要な資格はいろいろとある。
                  写真には無い資格も含めて、なんだかんだで14種類。
                  もうこれで充分かと思うけど、まだまだ必要な資格はある。

                  来年からまた新しい資格が出来るらしい。
                  『防火設備検査員』だそうな
                  また増えるのか!

                   ♪ ちゃんとした仕事は、資格ぞな〜
                     しとしとぴっちゃん ・ しとぴっちゃん ♪

                  この原曲が分かるあなたは、同年代かも?


                  資格証

                        sikaku
                         sikaku 











                   


                  油火災 B-3 消火実験

                  0
                    JUGEMテーマ:防災

                    久々の仕事ネタです。
                    ハツタ製作所さんで、粉末消火器の消火実験を体験させてもらいました。

                    ABC粉末10型消火器の消火能力単位は、A-3 B-7 今回実験した油火災 B-3 単位は、理屈では余裕で消せるはずでした。
                    しかしB-3の炎は想像以上に大きかった!
                    数字の上では圧倒的な消火能力を有する粉末消火器ですが、その高い能力を発揮させるのは並大抵の事ではない。
                    これは粉末消火薬剤に冷却能力がない事が、一番の原因ではないかと思いました。

                    今回の B-3 火災に一番適しているのは、機械泡消火器だろうと思います。しかしこれはオールマイティーに使える消火器ではない。
                    最近注目されているのは強化液消火器ですが、B-3火災を消すには最低でも6リットル型(総重量10kg程度)が必要になる。

                    無いモノねだりなのだろうけど…
                    消火能力を粉末消火器なみにパワーアップした『ハイパー強化液消火器』
                    もしくは、冷却効果を有する『ハイブリット粉末消火器』
                    そんなモノは出来ないものか?

                    機会があれば、粉末、水系、ガス系など、違ったタイプの消火器で「異種格闘技」みたいな消火実験をやってみたいものです。

                    詳しくは動画にて 

                     https://youtu.be/czxJK8wEb7k

                    カルミエ実験

                    B3油火災モデル

                    泡消火設備放射

                    アナログ式

                    0
                      JUGEMテーマ:防災

                      『アナログ』という言葉には、「旧式」とか「時代遅れ」などのイメージがつきまとう。
                      アナログ放送もとっくに終了してしまった。

                      ところが、自動火災報知設備に関しては『アナログ式』と呼ばれるものは、比較的新しくて、高機能なシステムを指す事が多い。
                      タッチパネル式のメニュー操作になっていたり、感知器からのアドレス信号を受信したり、アナログ式受信機は何かとアナログ人間には扱いにくい。

                      なんで素直に『デジタル式』と呼ばないのだろうか?


                      アナログ受信機


                      アナログ職人

                       


                      ●カレンダー

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      ●スマートフォン版はこちら

                      ●最近の記事

                      ●カテゴリー

                      ●過去の記事

                      ●お気に入り

                      ●プロフィール

                      書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

                      ●サイト内検索

                      ●モバイル

                      qrcode

                      ●powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      ●管理