お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

IFCAA 2016 OSAKA

0
    JUGEMテーマ:防災

    6月10日(金)11日(土)、大阪ATCにおいて『大阪国際消防防災展(IFCAA2016)』が開催されました。
    日本が誇る最新の消防車や消防防災設備が展示され、はしご車の試乗や火災実験の体験コーナーなどもあって、一般来場の子供たちも大喜びでした。
    特に男の子にはウケていました。


    2016 IFCAA01.jpg

    2016 IFCAA03.jpg

    2016 IFCAA02.jpg

    2016 IFCAA04.jpg

    2016 IFCAA05.jpg

    2016 IFCAA06.jpg



     

    消防車 きぼう号

    0
      JUGEMテーマ:防災

      チョロQのようなキュートな消防車が居た。
      肉まんの絵が描いてある。
      関西で有名な「551の蓬莱」が寄贈したものだ。
      小さいが本物のポンプ車のようで、大阪市消防局のエンブレムも付いている。


      551きぼう号01.jpg

      551きぼう号03.jpg

      551きぼう号02.jpg






       

      防火設備(防排煙設備)点検

      0
        JUGEMテーマ:防災


        今年から『防火設備検査員』という資格が新設され、防火シャッターや防火扉の定期点検が義務付けられる事となりました。長年作動させる事なく放置されてきた防火シャッターなども、これからは消火栓や火災報知器などの消防用設備と、ようやく同レベルで維持管理される事になります。
        とは言え、作動試験降下時の引っかかりや降下後の復旧巻き上げが出来ないなどの点検時トラブルが多発する事態も予想されます。
        点検時にリスクがあること、予想外にコストがかかることをご理解頂きたいと思います。

        当社は今まで、防火シャッター・防火扉・防火ダンパー、等の防排煙設備の作動試験は、警報設備など消防用設備と連動させて同時に実施して来ました。
        『消防設備士』と同様『防火設備検査員』も今回資格取得しましたが、従来と同じく消防用設備と並行しての作動点検を行いますので、防火シャッター、防火扉、等の防排煙設備(防火設備)のみの点検は予定しておりません。

        点検の様子は動画にて
        https://youtu.be/-0mhKRVuZ8U


        防火スクリーン
         

        鯉のぼり進化論

        0
          JUGEMテーマ:防災


          昭和の頃によく見た鯉のぼりは、黒い真鯉と少し小ぶりの赤い緋鯉。
          カラフルな吹き流しと、ポールの先端には風車が付いていた。
          昭和も終わり頃になると、青や緑の子供の鯉も追加されるようになった。

          最近の鯉のぼりは、バリエーション豊かに進化してるというので、さっそく調査してみた。
          すでにコイ科の魚類には分類出来ないと思える突然変異種も多数見つかった。
          あるいは外来種の台頭とも考えられるが、これらは果たして『鯉のぼり』と呼ぶのが正しいのかどうか?

          まあ色々なサカナが空を泳ぐ姿を見るのも、楽しいものだと思うのでギョざいます!


          高槻鯉のぼり01

          高槻鯉のぼり02

          神戸鯉のぼり03

          神戸鯉のぼり04

          鯉のぼり天保山02

          鯉のぼり天保山01



           


          究極のアナログ回路

          0
            JUGEMテーマ:防災

            どこの配管をどのように水が流れて、どこに圧力がかかって、どのセンサーが作動して....
            まるでパズルのようなアナログ回路
            点検時にバルブ操作を誤ると、悲惨な水損事故を引き起こす可能性もある。
            開放型の水系消火設備は、とにかく気を使う。



            2016開放SP01.jpg

            2016乾式SP01.jpg

             

            中之島は中之島(大阪)

            0
              JUGEMテーマ:防災


              営業で時々訪れる「土佐堀川・堂島川」周辺
              川べりの桜を眺めていて、ふと再確認した事がある。

              市庁舎や中央公会堂があるこの場所は「中之島」と呼ばれていて、南北を川で挟まれている。
              Google earth で再確認できた。
              大阪市のど真ん中にあるオフィス街「中之島」は、まぎれもなく中之島なのである。



              2016中之島03

              2016中之島01

              2016中之島02

              2016中之島04

              Google中之島


               


              ANA starwars BB-8

              0
                JUGEMテーマ:防災

                昨年秋のR2D2特別仕様機のシリーズ第3弾となる ANA starwars BB-8 機が、大阪伊丹空港の整備工場から出て、飛び立って行きました。

                詳しくは動画にて

                https://youtu.be/t24jgjDuz8Q

                最近観たエピソード7『フォースの覚醒』は、何処か懐かしさを感じる作品でした。
                「遠い昔、遥か彼方の銀河で…」の解説字幕で始まるスターウォーズを最初に観たのは1977年の事。
                フォースは「理力」と翻訳されていました。
                今から思えば「遠い昔」の出来事に思えます。


                2016ANAstarwarsBB8
                 

                雑草という草はない

                0
                  JUGEMテーマ:防災

                  コンクリートの隙間だろうが、アスファルトの継ぎ目だろうが、場所を選ばず雑草は生えてくる。
                  そして逞しく生い茂ってゆく。空に太陽がある限り....

                  踏まれても、引き抜かれても、焼き払われても、またすぐに生えてくる。
                  厳冬に枯れても、暖かくなるとまたすぐに現れる。
                  固いコンクリート壁にさえも、刈り取られた雑草はその痕跡を残す。
                  人間にとっては厄介者だけど、その逞しさは見習うべきものだ。

                  昭和天皇は、次のようなお言葉を残されている。

                  雑草という草はないんですよ。
                  どの草にも名前はあるんです。
                  そしてどの植物にも名前があって、
                  それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです。


                   
                  ワイパー01夏
                  ワイパー01冬


                  ワイパー02夏
                  ワイパー02冬


                  ワイパー03夏
                  ワイパー03冬


                  ワイパー04夏
                  ワイパー04冬


                  ワイパー05夏
                  ワイパー05冬

                  大阪 天保山にて
                   

                  油断しとったらアカンねんで!

                  0
                    JUGEMテーマ:防災

                    大阪市内の保育園で、放送用アンプの取替工事を行っていた時の事。
                    満開を過ぎた園庭の桜は、風に吹かれてヒラヒラと散り始めていた。
                    『もう今年は、桜を見る事はないのかも知れない』
                    大阪に居てさえ、本気でそう思った事が何度かあった春だった。

                    園児たちは好奇心の塊だから、工事場所の職員室内には近づかないようにするのが私の仕事だった。
                    「これ何?」 「何やってんのん?」 「オッチャン誰?」
                    職員室入口の縁側で、質問の集中攻撃を浴びながらも子供たちの相手をして、バリアの私は何とか持ち堪えていた。

                    ひとりの年長組の男の子が真顔で訊いてきた。
                    「オッチャン、チナミって知ってるか?」
                    「チナミ?」
                    「あのな、チナミが来たらな、おウチみんな流されて無くなってしまうねんで!」
                    「ああ、津波やな、あれ恐いな!」

                    家も車も船もあっけなく濁流に飲まれて海にさらわれて行く光景が、繰り返し繰り返しテレビに映し出されていた。
                    安心させようと思って、私は笑顔で言った。
                    「ボクらのトコには津波は来ぇへんかったから、良かったな!」
                    男の子は、低い位置からじっと食い入るように、こちらを見つめてしばらく沈黙していた。

                    「でもなオッチャン、油断しとったらアカンねんで!」
                    想定外のツッコミだった。
                    私は「すみません!」と反射的に頭を下げてしまった。

                    あれから5度目の春が来た。
                    今年ももうすぐ桜が見られそうだ。


                    保育所02
                     イメージ写真


                    保育所01
                     イメージ写真



                     

                    あの日の記憶

                    0
                      JUGEMテーマ:防災


                      あの日、大阪港(天保山)に停泊していたその巨大で煌びやかな船は、今から思えばどこか別世界から現れた未知の物体のように見えた。
                      大阪港に豪華な客船が入るのは別に珍しい事ではないし、Queen Mary 2 は今も世界のどこかの海を優雅に航行しているはずだ。
                      いたずらに誇張された記憶は、虚しい妄想を連れてくる。

                      『キラキラ輝く Queen Mary 2 を見たあの日に、もう一度戻れないものだろうか?…いや戻れたとしても、いったい何が出来るというのか!…』

                      この写真を撮影したのは2011年3月10日19:00頃
                      約20時間後、東日本で大変な事が起こる。

                      Queen Mary 2 は、この翌日の航路を変更した、と記録されている。



                      QM天保山02

                      QM天保山01

                       



                      ●カレンダー

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      ●スマートフォン版はこちら

                      ●最近の記事

                      ●カテゴリー

                      ●過去の記事

                      ●お気に入り

                      ●プロフィール

                      書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

                      ●サイト内検索

                      ●モバイル

                      qrcode

                      ●powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      ●管理