お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

好きこそ物の上手なれ

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    40年ばかり前の事、大学のサークルで一緒に絵を描いていた友人達が今なお大勢います。

    卒業してほとんどの人が創作活動から遠ざかっているかと思っていたら、いつの間にかバンドを結成してギターを掻き鳴らしているチームが、毎年GWに開催される『高槻ジャズストリート』に出演していました。

     

    バンド名は『シーラカンスクラブ』

    「進化を焦らず、時流に迎合せず」の意味かどうかは知らない。

    彼らの得意レパートリーは「懐かしの昭和歌謡」

    ジャズとは遥かにかけ離れたポジショニングに思えるけど、高槻ジャズストリートの来場者は懐が深いから暖かく受け入れている。

     

    いやいや「皆さんもご一緒に〜」のノリでほのぼのと包み込む独特の空気感は、昭和の同年代にはけっこうウケて盛り上がるのだ。ここだけの話、クォリティーは決して褒められてものではなく、共に歌うお客さんの方が音程が確かだったりする。

    それでも皆さん、笑顔で懐かしがってくださる。

    悦に入って楽しそうに演奏する旧友達の表情を、私は趣味のビデオカメラに記録して行く。

    この爺さん婆さん達は、孤独老人にはならないのだろうと思った。

     

    これでイイのだ!

     

    2018 高槻 Jazz Street (緑町 cafe)

    https://youtu.be/6gJGPYqk0YA

     

    2017 高槻 Jazz Street (JT生命誌ホール)

    https://youtu.be/5pg1pjxwSvQ

     

    2018高槻ジャズスト

    2018 高槻 Jazz Street

     

    2017高槻ジャズスト

    2017 高槻 Jazz Street

     

    シーラカンスイラスト

    シーラカンス

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理