お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

彼岸花

0
    JUGEMテーマ:防災

    彼岸花は秋の彼岸に咲く。
    桜のように開花時期がブレたりはしない。
    地下茎に毒を持っているので『毒花』とも呼ばれ、不吉な迷信も多い。

    その毒の効果でモグラや野ネズミが、この花には近づく事がないという。
    田畑の畦や、墓地、変電所など、人が植えたとしか思えない場所に群生しているのは、小動物の侵入を防ぐ意図で植えられたものらしい。
    毒には殺菌効果があるので、目薬や塗り薬として利用された事もあるとか。
    地下茎をすりおろして水にさらして毒抜きをすると、デンプン質で栄養価の高い非常食になり、飢饉の飢えをしのいだという説もある。

    毒と不吉な迷信のせいで、飢饉の時に田畑の作物が盗まれても彼岸花だけは残っていたのではないかと想像する。
    実は彼岸花にまつわる不吉な迷信は、非常食を守る為に意図的に流布されたものではなかったのか?

    調べれば調べるほど、防災のシンボルとも思える不思議な花である。
    消防車のような赤も、防災屋のイメージには合っている。

    「持ち帰ると、家が火事になる」との迷信もあるそうな…
    誰や〜くだらんウワサ流した奴は!

    彼岸花01b.jpg


    彼岸花05b.jpg

    彼岸花02b.jpg

    彼岸花03b.jpg
     

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2015/10/18 8:40 PM
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理