お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

昭和の消防設備

0
    JUGEMテーマ:防災

    「昔のモノは良かった!」
    などと言うつもりはない。
    人命を守る設備は、最新の方が高性能で安心感がある。

    時として20世紀の昭和の頃に作られた設備には、それを作った人、あるいは設計した人達の気合いと言うか情熱と言うか、何か熱いモノを感じる事がある。

    たぶん懐古趣味から来る、思い込みに過ぎないとは思うのだが…



    旧火災受信機  
    火災受信機
    ロータリースイッチは操作が分かりやすい


    旧防排煙盤
    防排煙連動制御盤
    防火扉などを起動するボタンは、警戒ごとに個別に割り当てられている

                          
    SPゴング  
    スプリンクラー ウォーターゴング
    水流によって音がでる警報機は、電源が不要である


    旧消火栓箱  
    屋内消火栓箱 
    木製の手作り箱にホースやノズルが入っている
               

    旧泡消火器 
    泡消火器
    この時代の泡消火器は、町工場で職人が作っていたらしい


    旧蓄圧消火器
    蓄圧式消火器
    プレスト消火器は、ハーレーダビッドソンに装備されていたものだとか‥(詳細は不明)


     


    ●カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理