お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

昭和の携帯カメラ と 令和の携帯電話

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    昭和に携帯電話は無かった。

    いつも持ち歩いていた携帯カメラはあった。

    そして、カメラと言えば日本製と決まっていた。

    静止画も動画も、長らく日本製カメラの独壇場だったのだ。

     

    ここに来てその状況が変わってきた。

    いまや日本メーカーのカメラ事業は、不採算部門となっているらしい。

    まさか携帯電話に独占市場を奪われるとは、誰が予想出来ただろうか?

    プロ仕様の一眼タイプを除くコンパクトカメラ市場は、スマホに払拭されてしまう勢いだ。

     

     

    いつでも手元にあるカメラ、邪魔にならずコンパクト

    iPhone の存在価値はそこにある。

     

    オリンパスXAも発売当時は、未来志向の夢を感じるカメラだった。

    35mmフルサイズで画質も良好だった。

     

    ibuki801.jpg

    1981年 オリンパスXAで撮影 伊吹山スキー場

    当時、携帯性に優れたポケットカメラ(110サイズ)は存在したが、画質は今ひとつ。

    コンパクトサイズのXAの画質は、満足出来るものだった。

     

    iPhone11pro で撮影

    レンズ交換式を除いて、この超ワイドなレンズを持つコンパクトタイプのカメラは、私の知る限り存在しない。

     

    今回スマホを最新型に変えた理由は、超ワイドを使いたかったから

    なんで数あるコンパクトデジカメで、この画角が実現出来ないのだろうか?

     

    iPhone11pro で撮影

    望遠側もけっこう使える。

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理