お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

フィルムで撮る(その5)電池がなくても写真は撮れる

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    機械式カメラとリバーサルフィルムの組み合わせで撮る写真には、電気を全く使っていないから、

    出てくる映像に AI が介入する余地はない。

    目の前の風景が、フィルム上に焼き付けられる過程が良く分かる。

    写真の原理を学ぶには良い教材だと思う。

     

    レンズを通ってきた光を集束させるのが「光学」

    その光を絞って調整し、露光時間を制御するのが「機械工学」

    フィルム上に結像した光を定着させるのが「化学」

    「電子工学」の出番はないから、デジタルとは無縁である。

     

    機械式カメラを操作している様子は動画にて

    https://youtu.be/OXJ0VxuFZAE

     

    リバーサルフィルムで撮った作例はクラウドアルバムにて

    https://photos.app.goo.gl/bKmSQqwas6axpBYu6

     

     

    2018M3中之島スリーブ800j.jpg

     

    私は、プリミティブ primitive なモノに惹かれます。

    ゼンマイ巻き時計とか、アナログレコードとか、蓄音機とか、蒸気機関車とか

     

    プリミティブは「原始的」と訳されているけど、ちょっとニュアンスが違う。

    シンプル simple (単純)や cheap(安易)の同類語と考えられがちだが、ぜんぜん違う。

    私が惹かれるアナログ系アイテム達は、構造はけっこう複雑で丁寧に造りこ込まれているモノがほとんどで、安っぽいイメージはない。

     

    機械式カメラとリバーサルフィルムの組み合わせは、紛れもなく『プリミティブ』である。

    思うに、プリミティブなものにはブラックボックス的な要素がないのだろう。

    突き詰めて考えると、アウトプットまでの全ての原理が理解できる。

    だからプリミティブは魅力的なのだ。

     

    2018M3中之島804j.jpg

     

     

    2018M3中之島805j.jpg

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:131 最後に更新した日:2019/12/02

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理