お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

廃棄とリサイクル

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    古くなった器具の取替工事をすると、廃棄物が出る。

    最近、廃棄物の処理にかかるコストが急騰している。

     

    リサイクルが容易な金属類はまだ良いが、やっかいなのがプラスチックである。

    中国が廃棄プラスチックの輸入をストップした影響で、日本中に廃プラが溢れているらしい。

    一口に『プラスチック』と言っても膨大な種類があるから、リサイクルが容易でない事は想像がつく。

     

    バッテリー類はリサイクル業者に引き取ってもらえるが、やっかいものは最近登場した『リチウム電池』である。

    ニッケルカドミウムやニッケル水素はリサイクル出来るが、リチウム電池のリサイクル方は未だ確立されていないらしい。

     

    既設建物のリニューアル工事は、職人不足と廃棄材処理コスト高騰のダブルパンチで、これから益々厳しい取り組みになりそうだ。

     

     

    金属製の古い誘導灯本体はリサイクル業者が引き取ってくれるが、

    比較的新しいプラスチック製本体の廃棄にはコストがかかる。

     

    塩ビ、アクリル、ポリ、ABS、FRP、etc

    『プラスチック』と、ひとまとめにしてるけど、一体どれほどの種類があるのやら?

     

    ニッケル系の電池はリサイクル処理されるが、比較的最近になって登場したリチウム系の電池は、やっかいもの扱いされているようだ。

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理