お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

フィルムで撮る(その2)PROVIA 100F

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    電池不要のクラシカルな機械式カメラに、現在手に入る唯一のリバーサルフィルム『プロビア100F』を入れて撮影しました。

    現像はスライド用のマウント仕上げではなくフィルム状態のままのスリーブ仕上げにしてもらって、キャノンのフラットヘッドスキャナーでデジタル画像データにしました。

     

     

    2018M3中之島スリーブ800j.jpg

    (Summar 50mm)×3

    35mmフィルムは、元々は映画用の長尺フィルムを静止画撮影に利用したものです。

    一般的なネガフィルムと違って『プロビア100F』では、フィルム上に静止画がそのまま焼き付けられます。

     

     

    2018M3中之島803j.jpg

     

    今回使用したのは、電池を使わない機械式カメラです。

     

     

    2018M3中之島802j.jpg

     

    光学レンズを通過した光線が、機械的に制御された絞り羽根やシャッター幕に光量調整されて、フィルム上に化学的に焼き付けられて現れたのがリバーサルフィルムの画像です。

    つまりAI的なデジタル画像処理は、全く介入の余地がないのです。

     

     

    2018M3中之島801j.jpg

     

    目の前にある風景を、電気を介さずありのままにフィルムに焼き付ける原始的な方式がフィルムカメラの魅力です。

     

     

    2018M3中之島805j.jpg

    (Summar 50mm)

    フォーカスを合わせ、出来上がる絵を想像しながら絞りやシャッター速度を選びます。

    液晶画面はないから、仕上がりの確認は後日になります。

    デジタルと違って失敗作も多いのです。

     

     

    2018TXnak803.jpg

    (Lumix TX-1)

    上と同じシーンをデジタルのカメラ任せで撮ったのがコレです。

    見た目の印象よりかなり明るくなってます。

    AIモードは何でもかんでも限りなくクリアに写し取ろうとします。

     

     

    2018F2mi801.jpg

    (Nikkor 28mm)

    35mmフルサイズ画面は、36×24mm

    一画面当たり3000万画素相当でスキャンしたものを、ブログ用にサイズダウンして掲載しています。

    ブログ上の画面で確認するには限界があるけど、プロビアの画質は決してデジタルカメラに負けてはいません。

    瓦や木の葉も忠実に再現されています。

     

     

    2018M3nak802.jpg

     

    これは1930年代にライカ用に発売されたレンズ(Summar 50mm)を使って、プロビアで撮影したものです。

    カラーフィルムが発売されていなかった時代の古いレンズは、トロトロっとソフトな描写をします。

     

     

    2018M3nak805.jpg

     

    上の写真の中央部を拡大したもの

    フォーカスの外れている部分は、柔らかく怪しいボケ方をしています。

    こう言う古いレンズとリバーサルフィルムの組み合わせを楽しむのは、ちょっとディープなカメラマニアの世界です。

     

     

    2018TXnak802.jpg

    (Lumix TX-1)

    少し角度は違うけど、同じ場所をデジタルで撮影したもの

    センサーサイズが小さいので、隅々までシャープに写ります。

    見た目はこちらの方が現実的ですが、なんか面白くない!

     

    2018M3har801.jpg

     

    これもかなり古いレンズ(ヘクトール135mm)

    ライカ用に1950年代に発売されたレンズです。

    逆光条件では激しくフレアが出てスモークがかかったようになりますが、作画に利用するのも面白い。

     

    2018F2nak802.jpg

    (Nikkor 28mm)

    中之島公会堂をプロビアで撮影しました。

    ソフトな印象に見えるけど、ディティールは細部まで忠実に捉えています。

     

    2018TX1nak801.jpg

    (Lumix TX-1)

    上と同じシーンをデジタルで撮影しました。

    隅々までシャープで申し分なくクリアに写ります。

     

    2018PIXnak804.jpg

     

    一部を拡大して比較しています。

    左がデジタル 右がプロビア

    解像度は同等ではないのかな?

    今回の撮影に使ったクラシカルなカメラについては、次回・次々回で紹介したいと思います。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:125 最後に更新した日:2019/09/08

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理