お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

フィルムで撮る(その3)機械式カメラ Lica M3

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    このライカM3は1955年にドイツで発売されたクラシックなカメラですが、平成になってから中古で入手しました。

    電池を全く使わない機械式カメラで、古さ故にトラブルを引き起こす事もありますが、持ち歩いて操作する事自体を楽しんでしまうので、出来上がった作品の出来栄えは二の次になる傾向があります。

     

     

    M3f806.jpg

     

    発売当時はとんでもない高級品だったそうです。

    付けているのはM型の定番レンズ DRズミクロン

     

     

     

    M3f805.jpg

     

    こちらは1930年代のレンズ ズマール

     

     

    M3f801.jpg

     

    手持ち撮影が前提で設計されているのか、三脚穴は片寄った位置に付いています。

     

     

    M3ファインダー801.jpg

     

    M型ライカの魅力はクリアで見やすいファインダーです。

    周囲の白い枠が写る範囲を表示していて、真ん中の四角い二重像を合わせてピントを調整します。

     

     

     

    Mino801.jpg

     

    M3のファインダーは、肉眼で見ている感じに近いですね。

     

     

    M3j802.jpg

     

    M型ライカにとって、ヘクトール135mmは超望遠レンズです。

    このカメラは明るい場所でレンズ交換をすると、光線漏れを起こしてフィルムが感光して台無しになる事があります。

     

     

    M3j803.jpg

     

    フィルム装填はちょっと面倒です。

    この作業を失敗すると、恐ろしい事にこの日の撮影は全滅します。

     

     

    Sej801.jpg

     

    絞りとシャッター速度を決めるために、露出値を測定します。

    カンでテキトーに設定する事もあるけど、単体露出計があると安心です。

    まあ、古いライカのシャッター速度はかなり不安定で怪しいから、

    露出値にはあまり神経質にならない方が良いかも?

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:125 最後に更新した日:2019/09/08

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理