お気軽にお問い合わせください TEL06-6463-2525 受付時間月〜金9:00〜17:00

台風に負けない街へ

0

    JUGEMテーマ:防災

     

    台風21号が大阪周辺に与えた被害は、かなりのものである。

    停電や高潮の影響も大きいが、強風で屋根が飛んだり壁やシャッターが破損した建物も多い。

    そこにまた間髪を入れず、大型の台風24号上陸に脅かされた。

     

    さすがの関西人も、参っている。

    毎度のボケをかまして笑う元気もない。

     

    建物の復旧工事も、遅々として進んでいない。

    部材がない、職人が居ない、との理由もあるが「直してもまた同じ目に合うのではないか?」

    そんな不安が拭えないのだろう。

     

    平成の建築物は、耐火性能は格段に上がっている。

    耐震性能も順調に強化されている。

    これからは暴風に対する耐久性も、備えて行かなければならないのかも知れない。

     

    2018シャッター801.jpg

     

    大型の重量シャッターも、台風に引き千切られてしまっている。

     

     

    2018テント倉庫801.jpg

     

    テント倉庫の損傷は激しい。

     

     

    2018テント倉庫802.jpg

     

    こちらもテント倉庫

     

     

    2018スレート屋根801.jpg

     

    鋼板製の屋根は被害が多いようだ。

     

     

     

    樹脂製波板の明り取り部

    屋根部分で強度の劣る部材はことごとく破壊されている。

     

     

    2018壁破損801.jpg

     

    最上階のALC壁が落ちている。

    吹き込む強風が原因で、建物内の圧力が急上昇したのではないかと想像します。

     

     

     

    今年4月に訪れた石垣島の中心部

    低層階で平屋根、ガッチリとした鉄筋コンクリート製の建物がほとんど。

    これが台風に慣れた街の風景。

     

     

    2018竹富島801.jpg

     

    台風の通り道にある宮古島の風致地区にある建物

    簡単には飛びそうにない!

     

    2018竹富島802.jpg

     

    瓦ひとつひとつが、モルタルでガチガチに固められている。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ●スマートフォン版はこちら

    ●最近の記事

    ●カテゴリー

    ●過去の記事

    ●お気に入り

    ●プロフィール

    書いた記事数:130 最後に更新した日:2019/11/17

    ●サイト内検索

    ●モバイル

    qrcode

    ●powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    ●管理